クリエイターのための自営学

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
家電量販店が楽しい♪
打合せの帰り道、有楽町のビックカメラへ。

Windows7とユーティリティソフトを購入。
7は、今日(22日)発売。
店頭でデモをやっていたが、売り場は静かなものだった。

バージョンは、XPモードがあるということで、Professionalにした。
OSが新しくなって困るのが、それまで使っていたアプリがそのまま使えるかどうか。

Officeについては、2007は問題なく動くけれど、
それ以前のものは、マイクロソフトでも分からない(保証できない)という。
それって、おかしくない(自社ソフトの互換性についてそんなもん?)と思ったけれど。。。

2007はとにかく使いづらいため、Vistaごと休眠マシンになっている。
確かに起動は(Vistaより)早くなっているよう。


7はさておき、パソコン売り場は、見ていると楽しい。
周辺機器は、ほしくなるものばかり。
時間がなくて残念。
次回は、ゆっくり時間をとって遊びに行こう。


別フロアで目を奪われたのは、HIP HOP ABSのプロモビデオ。
買いたいなぁ思ったけれど、
家には、ブートキャンプもコアリズムもあるし。。。楽しい
と思いとどまる。



「植物工場」にいささか抵抗感
「日経ものづくり」からイベントのご案内メールが届く。

植物工場シンポジウム
〜押し寄せる技術革新と環境変化 植物工場の事業拡大への道を探る〜

うぅむ、植物工場ねぇ。。。

農作物を工場でつくるとイメージした時に、そこには自然の太陽の光はないように思う。

食の安全や自給率の問題、そこへ不況が重なって、
仕事としての農業に関心が集まっている。

ただ、最大のリスクが、天候に左右されること。
それをコントロールすることは難しい。

すると、光や温度,栄養といった作物の生育環境を
人工的にコントロールできる「植物工場」への注目が集まるという流れになる。

合理的ではあるけれど、
どうなんだろう。

いささか抵抗感がある。


 
amazonの「転職よみもの」で1位を獲得
amazonをチェックしていると、
昨年1月に出版していただいた「「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」」が、
「転職よみもの」で1位を獲得している!

独立成功完全マニュアル、amazonで1位獲得

※時間帯で順位は変動。


この本は、ネットより、リアルな書店で反響をいただいていたので、
amazonのランキングはなかなか上がらなかった。

本の内容から、必要な方に読んでもらうものなので、
告知も、All About へ連載している独立開業に関するコラム記事内で紹介させていただいた位で、
特にプロモーションは行っていなかった。

この本は、人生の選択として「独立」を選んだ方に、
会社を辞める前に読んで欲しいと思って執筆したもの。

しかし、昨年の秋からの金融不況で、今年の4月以降は、正社員のリストラが進んでいる。
失業率も、隠れ失業者を加えると、9%に及ぶらしい。
これは、過去に例のない数字になる。

この状況から、本人が望まない「独立」が増えているのかも知れない。


ただ、自己責任の時代と叫ばれてから随分とたつし、
会社に勤めても、会社に人生を預ける時代は終わっている。

だから、この本に書いた独立に必要なスキルは、
すべてのリーマンに必須のスキルになると思っている。
独立しなくても、読んで欲しい1冊!

 
新型インフルエンザ 流行のシナリオ
9月に入り、新型インフルエンザの感染拡大が心配されている。

8月下旬に厚生労働省が発表した「流行のシナリオ」によると、流行のピークは、
早ければ今月末で、1日あたり76万人が発症。
重篤化して、亡くなる方も出てしまう。

感染が分かると、会社員であれば出社禁止になるだろうし、仕事に多大の影響が出るのは必至。

昨日、スーパーに買い物に行き、レジに並ぶと、レジのスタッフは全員マスク着用。
これは、予防と接客サービスのマナーということなのだけど、
たまたま並んだところで、「ごほごほっ」と咳をしながらレジ打ちしていて。。。

見ると、マスクも脇がゆるゆるで、そこからウィルスは飛ぶだろうし、
食品の上に、ウィルスが舞うだろうし、とハラハラ。

今後、マスクをして咳をしている人の半径2メール以内には、人が近づかなくなっちゃうのではと思った。

しかし、最大の予防は、免疫力を下げないことではないかと思う。
12時前に寝て、十分睡眠をとり、しっかり栄養のあるものを食べる。
それと、適度な運動。
運動は、やりすぎるとかえって免疫力を下げるらしい。
例えば、普段なにもしていない人が、週末にジムへ行って汗をかくというのは、
良さそうに見えて、体には悪いらしい。

それより、毎日、歩く時間を増やしたり、ストレッチをしたりと、
軽めの運動を続けることが良いとのこと。

ということで、免疫力がアップする生活習慣を始めようと思う。

 

 
政治が動いた
民主党が、300議席を超えて圧勝。
政権交代を実現させた。

自民党が、(30年以上昔の話だけれど)岩盤のように強固な時代を見ているだけに、
歴史を感じた。

民主党のマニフェストは、“なんだかなぁ。。。”と思う部分があったけれど、
じっくりと読んどかないといけない。

税制も大きく改正されたりするようだし、
青色申告本の改訂に影響が出そう。


 
納棺師という仕事
モッくんが企画立案、主演した映画、「おくりびと」がアカデミー賞(外国語映画賞)を受賞して、
納棺師という職業が注目を集めている。

今日紹介したいのは、女性納棺師の永井結子さんのブログが書籍化されたというニュース。
出版をプロデュースしたのが、「日本アイデア作家協会」を主宰する岩波貴士さんだ。

どんなきっかけで、どこにスポットライトが当たるかは、ホントに分からない。



書籍は、普段語られることのない納棺師の仰天生活や考え方が披露されつつも、ビジネス教訓系エッセイになっている。
永井さんの語り口が、ドラマの語り(ナレーション)のようにとても軽快。

そして、誰もが家族を送り、そして自分が送られることになるわけで、
知っておきたいことでもある。


只今、アマゾンキャンペーン実施中!

以下、「アマゾンキャンペーン」のお知らせ

----------------------------------------------------------------------

期日は、6月12日(金曜日)〜14日(日曜日)までの3日間。

600円の文庫本に「豪華特典」付!

『今日のご遺体 女納棺師という仕事』永井結子著 祥伝社刊
http://ideasakka.com/amazon/nagai

なくなられた方に死に化粧を施し、
その方らしい姿に戻す女性納棺師。
作業を通じ、家族が見送るきっかけの場を提供する。
白装束の着せ方、湯灌の方法、特殊メイク……
誰もが最後にお世話になる仕事の、
誰も知らない実態!

「死」を扱っているのに、なぜかクスリと笑えます。

・・・ただのエッセイではなく、
「人生&ビジネス」の教訓が盛り込まれた“学びの書”になっています。

★それぞれの話の終わりに「日々の教訓」が掲げられています。
★各章の終わりにブログ読者様からの質問にお答えするコーナーを設置。


著者プロフィール:
納棺師 永井結子 短大卒業後、大手化粧品メーカー勤務。
その後、納棺師という職業に出会い感銘。これまでに4000体を超えるご遺
体への処置を施してきた。納棺(湯灌)のほか、修復の難しい特殊メイクなどの
案件も数多く手がける。

≪アマゾンキャンペーンの特典≫

(1) 著者に聞く納棺師のお仕事!インタビュー音声約40分!
(2) 映画『おくりびと』のDVDを抽選で5名様にプレゼント
(3) ★ブログやメルマガを出版化するためのノウハウ★
(4) 仕事と生活に役立つ有益情報源多数

『今日のご遺体 女納棺師という仕事』永井結子著 祥伝社
詳細はこちら⇒ http://ideasakka.com/amazon/nagai

----------------------------------------------------------------------



「使える英語」が身につく英語再入門書
中学英語をマスターしていれば日常会話は十分、と言われている。
そこで、もう一度、基礎から勉強してみたいと思っている人へ、
ぴったりの本(社会人のための英語再入門書)が出版された。

中学英語の基本と仕組みがよ~くわかる本―「使える英語」が身につく英語再入門



本書は英語をもう一度学び直したい社会人、英語がニガテな中高生のための英語入門書です。
「中学英語から」ということは、「はじめから」ということ、この「はじめ」が難しいのが実情です。
「学校で10年習ったのに英語ができない」「英語の“キホン”がわからない」とよくいわれますが、
それは日本語と英語との違いを初めにしっかり理解していないことが原因の一つです。
本書は、この日本語と英語との違いに焦点を当てながら、文法、音声、語彙の3つの分野から解説することで、
みなさんの学んだ英語を「使える英語」に変えていきます。

著者は、All About でビジネス英語のガイドをしている竹村和浩さん。
独立インタビューをさせていただいたことがあるが、
英語教育にものすごい情熱をもっている方。

ワタシたちは、既に英語を学んできているわけだから、
その記憶と時間をなんとか生かしたいものだと思う。


 
作業中にパソコンの電源が落ちて、真っ青になる
しばらく、パソコントラブルPCもなく、仕事していた。
そのせいもあり、自動バックアップを手動に切り替え、
しかも、ちょっとサボっていたら……

Excel作業中に画面がフリーズして、
間もなく、(電源を切ったように)勝手に終了。
そして、2度と起動しなくなってしまった。

月曜日の朝イチに納品するデータを作成中で、
ほぼ終了したところだったので、もうガックリ!
もし、このままパソコンの中のデータが消えたらと真っ青になった冷や汗

色々と復旧作業を試みても、ダメ悲しい
あきらめて、再度データ作成に取り組んだ。

災難は、忘れた頃にやってくる。
ホントに、その通り。

HDDのバックアップは、気を抜いてはいけない。
皆さん、ご注意を!!!


パソコン・レスキュー・サービスのおかげで、
なんとかHDDは無事取り出してもらった。
しかし、丸1日無駄になってしまった。

 
朝バナナに「キウィ」を追加。効果は?
先週だったか、ある情報バラエティ番組で、

朝バナナはもう古い!
バナナを上回る、朝キウィと夜トマトダイエット〜!

というのをやっていた。
朝バナナはもう古いというのは、なんだかなぁ。

ワタシは、朝食ディナーを<バナナ+ヨーグルト+サプリ>にしている。
暖かくなって、水分の少ないバナナがちょっと食べづらくなってきたので、
キウィを追加してみた。

すると。。。

お腹の調子がいい嬉しい!

バナナの時と違って、かなり即効性がある。
それも、一過性でなく、食べているとその効果は持続するようだ。

キウィの健康効果を調べてみると

・疲労回復
・カゼ
・胃もたれ
・便秘

ビタミンCは、みかんの約2倍。
カゼの予防や疲労回復、肌あれに効果があり。
たんぱく質分解酵素のアクチニジンを含んでいるので、
肉類を食べた後に食べると、消化を助けてくれる。
食物繊維のペクチンも多く含んでいるため、
毎日、朝食前に1個食べる習慣をつけると、便秘解消にすぐれた効果を発揮。

キウィフルーツの栄養と効用より。

疲労回復にカゼ予防。
それに体の代謝がアップ。

今の時期にとてもgoodな果物になる。
しばらく、<朝バナナ+キウィ>を続けてみよう♪

 

某週刊誌の取材で聞かれた、難しい質問
週刊誌のS○○!から、(「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」を読んでいただき)連休前に取材依頼をいただいていた。
難しい質問なので、やんわりとお断りを入れると、
“それでも……!”と言われて、お受けすることになった。

取材テーマは、「望まずに独立の道を選ばざるを得なくなった人が、事業を成功させるための極意を指南」ということだった。

リストラ、早期退職、倒産と、サラリーマンが働く環境は厳しくなっている。
そんな折、転職という選択肢さえ難しくなるため、いっそのこと独立しようと思う方が増えているということで、現状をルポしつつ、S○○!的生き残りノウハウの伝授ということらしい。

事前にいただたい質問が、お湯かけて3分したら食べられる美味しいラーメンは?、みたいな即席な感じだったので、“そんなお話はできませんが……”とお断りした次第。
加えて、ワタシは、(独立応援活動はしているけれど)独立を勧める気持ちは全くない。
独立して食べていくことは、そんな簡単なことではないからだ。

そう話すと、“確かに、独立して行き詰まり、自殺する人も増えていると聞いています。だから、独立をあおるようなつもりはありません。”と返ってきた。
独立しても、生活していけなくなり、さらに多額の借金を抱えてしまったりすると、最終的にそういう選択にもいきつくということになる。
軽いノリ調で扱うテーマではない。


じゃぁ、“独立して生き残れる人間は?”となると、
人とつながれる人、
なし得たいモノを持っている人
体力のある人(精神的、肉体的に強い人)

になるだろうか。。。

ただ、これからは、どんな立派な会社のサラリーマンとて、
会社に一生いられて、安泰なんてことはありえない時代になっている。

若い人が、就職先に終身雇用とか安定を求めているらしいが、
そんなことは、そもそも期待できない環境にあることを自覚して欲しい。
期待するなら、自分が頑張ってそういう会社にするぐらいの気概が必要だと思う。

----------------

そんな話を交わして、帰宅途中、最寄駅に降り立つと、
なぜか、通勤帰りの人たちが、駅前で何かを見上げて携帯写真を撮っていた。

皆が見上げている視線の先に目をやると、
そこには、見たこともないような大きな虹が空いっぱいに広がっていた。
ちょっとした、天体ショーのような感じ。

雨が降った後には、こんなにも素晴らしい虹が出る。

人生何が起こっても、それを受け入れる勇気とくじけない心があれば、乗り越えていける。

くよくよしない、気持ちを切り替える速さ、これも、独立して身につけたことだ。
そうしないと、生きていけないという必要に迫られたからね。


ふと思いだした言葉は、福沢諭吉の自立論
「一身独立して、一国独立す」今読むと多くの気づきがあるかもしれない。